FC2ブログ
ドラえもん最終話自己製作ってか?・国内・海外・経済・エンターテインメント・スポーツ・コンピュータなどの色んなジャンルのニュースをあなたに伝えるおもしろためになるブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラえもん最終話自己製作ってか?


ドラえもんの最終話って誰しも知りたい感はしますよね。

行く通りにもストーリーが楽しめそうですが、これはやりすぎ!

藤子・F・不二雄さんの人気漫画「ドラえもん」の最終話を勝手につくって漫画化し、販売した男性(37)が、出版元の小学館(東京都千代田区)と著作権を持つ藤子プロに謝罪し、売上金の一部を支払っていたことが29日、分かった。


そんなストーリーが出回ってることも知らなかった私。

なんだかちょっとショック。

「今」についていけなくなったお年頃かしらん。

話はずれちゃいましたが、著作権て事はこの人頭になかったのかな?

ちょっと考えればわかることなのに、自己顕示欲が強すぎたのかもね。

小学館などによると、「最終話」は20ページの冊子で、電池切れで動かなくなったドラえもんを、35年後にロボット工学の第一人者に成長したのび太が修理し、よみがえらせるというストーリー。絵も本物にそっくりだった。

こんな技術を持ってるんだったらもっと他に使い道を考えるべきだよね。

藤子プロに謝罪し、売上金の一部を支払っていたっていうからイッタイ授業料でしたね。

「引用:Yahoo!ニュース」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070529-00000178-jij-soci

 

スポンサーサイト
Copyright © おもしろ情報チャンネル All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。